スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紗栄子がダルビッシュにナント総額24億円の養育費(月額1,000万円)を離婚調停で要求

年の瀬も押し迫ったある日の夕刻―。カップルで賑わう東京・六本木を彩るクリスマス・イルミネーションの中に、
ダルビッシュ有(24)と離婚騒動の渦中にある紗栄子(24)の姿があった。
ベビーカーには、フードをかぶった“チビダルくん”こと、2歳の長男も一緒だ。
スーパーの食品売り場を一回りしながら、
時折、子供の目線まで屈んで話しかける若き母親の表情は心なしか淋しげだった。
周知の通り、この夫婦は離婚協議の真っ最中。

「誕生後間もない次男が12月上旬に東京で持病の手術を受けるために、
紗栄子は実家がある宮崎から六本木ヒルズの自宅に戻っていた。
しかし、東京でトレーニングをするダルは家には戻らず、
六本木の高級ホテルに滞在していたようだ」(日ハム担当記者)

離婚調停は遅々として進んでいないという。紗栄子の知人が明かす。

「両者の条件がかけ離れている。
ダル側は慰謝料1億円と2人の子供が成人するまでの養育費月100万円を提示したが、
紗栄子側は慰謝料なしで、養育費を月1000万円にしてほしいと主張していると聞きます。
子供が成人するまで20年とすれば、ざっと合計額はダルの3億4000万円に対し、
紗栄子は24億円ですから、話し合いが平行線となるのも当然です」

2ちゃんねる炎上はこちら

スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

ダルビッシュ有投手と紗栄子さん夫妻が離婚危機・・・4日発売の『女性セブン』が報じる

プロ野球・日本ハムのエース、ダルビッシュ有投手(24)と
紗栄子さん(23)夫妻が離婚危機にあることが3日、分かった。
4日発売の「女性セブン」が報じている。

2008年に長男が誕生後、夫人が子育てのために実家のある宮崎と札幌を行き来するようになり、
ダルビッシュの浮気が発覚したという。
サンケイスポーツの取材に、ある関係者は「離婚協議に向け弁護士を立てた」と明かした。
夫婦関係の修復は絶望的とみられる。

2007年11月11日の入籍記念日を目前に、球界を代表する大エースと、
人気女優だった紗栄子さんとの間に埋めがたい溝が発覚した。
「女性セブン」によると、紗栄子さんは08年3月に長男を出産後、
初めての育児ということもあり地元・宮崎と札幌を往復する生活を開始。
一方のダルビッシュは外食が増え、歓楽街のススキノにも姿をみせるように。

 そのうわさは紗栄子さんにも聞こえ、やがて浮気も発覚。
今年2月に二男を出産する中、育児ノイローゼと浮気問題に悩まされるようになった。

 9月には紗栄子さんがダルビッシュに女性問題を問い正すと、
「イヤなら別れよう」と離婚を突きつけられたという。

 2人が所属するエイベックスはサンケイスポーツの取材に、
「離婚について2人からは何の話しも聞いていない」とコメントした。

 サンケイスポーツは夫妻をよく知る人物を直撃。
この関係者は「関係修復は不可能といった状況」と離婚危機を認め、
すでに、双方とも弁護士を決め、協議を始める前の挨拶の書簡をやりとりしているという。

 原因について「時間的なすれ違いが距離と溝を作ったような感じで、特別なことではないと思う」と話し、
ダルビッシュの浮気説は否定。また、一部で、08年11月に立ちあげたファッションブランド
「Pepii・Kitty」が大人気で忙しくなった紗栄子さんが、家事や育児をしないといわれたことにも、
「かなりきっちりやっている」とした。

 紗栄子さんは現在、宮崎の実家の近くで母子3人で暮らし、
ダルビッシュとは完全に所帯を別にしている。
前出の関係者は離婚の成立時期について、
「本格的な協議はまだです。子供がいる状況で、
年内の離婚は難しいという感じになっている」と時間がかかる見通しを明かした。

2ちゃんねる炎上はこちら

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

やはり離婚危機?ダルビッシュ紗栄子が再び意味深発言「家族と一時的に離れなきゃいけなくなりました」

今年2月には、次男が誕生した北海道日本ハムファイターズ・ダルビッシュ有と、紗栄子夫妻。
しかし、妻・紗栄子が、先月からブログ上で、「まだ私は話すタイミングではない」、「いろいろありますね」など、
意味深な書き込みを繰り返したことで、中には離婚危機を報じるメディアも出ていた。

すると、本日30日には「最近。」と題し、
「最近、身の回りが騒がしくなってきて、子供達を守るために、家族と一時的に離れなきゃいけなくなりました」と、
またも意味深な内容でブログを更新。
もちろん、これが何を指しているのか、具体的な明言はないが、
「子供達が1番側にいてほしい時に離れなきゃいけないということが彼らにとって最善策なのが悲しい」など、
前向きな内容ではないことだけは確かなようだ。

2ちゃんねる炎上はこちら

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

中日の優勝&日本一はプロ野球界にとって最悪 カード次第では日本シリーズの地上波全国中継消滅も…頭を抱える球界関係者

 共同総合研究所(岐阜県大垣市)が試算発表した中日の日本一経済効果は、
中部5県(富山、石川、岐阜、愛知、三重)で総額215億1000万円になるという。

 百貨店やスーパーが実施するセールの売り上げの他、クライマックスシリーズ(CS)、
日本シリーズの入場料や関連グッズの売り上げ増も含め、消費の増加額を計129億1000万円。
これに加え、関連産業の生産や従業員の所得が伸びる効果を見込んでいる。

 「中日の日本一は先行き不透明な中部経済に明るい話題で消費マインドに火を付けるだろう」
と共同総合研究所は締めくくっている。が、この中日の3年ぶりの日本一経済効果215億円
1000万円の試算は、4年ぶりのリーグ優勝、CSファイナルステージで阪神を3勝2敗で撃破、
日本シリーズでは西武に4勝3敗で勝利が前提だ。いわば、最大限のケースの経済効果を
考えてのものだが、中部経済界にとっては、明るい話題であることは間違いない。

 ところが、プロ野球界にとっては、中日の優勝、日本一は最悪の事態になる。
「全国区人気の巨人か阪神が日本シリーズに出てくれれば、何の問題もないが、
名古屋ローカルの中日となると、頭が痛い」と、頭を抱える球界関係者が大半だ。

 最大の頭痛の種は、テレビ局の日本シリーズ全国中継の消滅危機だ。
「日本シリーズのカード次第では、史上初めてテレビの地上波全国中継がなくなって
しまうのでは…」と、主催の社団法人・日本野球機構(NPB)関係者は戦々恐々としている。
それも無理はない。

 今やプロ野球は地上波のテレビ局から見放され、CS放送やBS放送で見る物というのが、
世の中の常識になってしまっている。NPBにとって日本シリーズと並ぶ、二大財源になって
いたオールスターは、一足先に中継消滅の危機に直面して放映権が大暴落している。

 過去には1試合1億円以上だったのに、昨年は 8000万円、今年についにその半値の4000万円
にまで下落しているのだ。その理由もお寒い限りだ。「オールスターのテレビ中継なしという、
史上初の最悪のケースだけはなんとしても回避したい」というNPB側が、2試合セットで
約8000万円というパック料金でテレビ朝日系列に売っている。

 最短でも4試合、最長ならば7試合は開催される日本シリーズの財源的な重要性は、
オールスターの比ではない。巨人が日本ハムを4勝2敗で破り、7年ぶりに日本一になった
昨年の日本シリーズの放送収入の合計は、6億1504万650円。内訳はテレビが5億6700万円で、
ラジオは4804万650円だった。

 最悪4試合でも合計4億円になる莫大な放映権料が完全に消えてしまったら、財政難の
NPBは真っ青だ。戦々恐々とするのは当然だろう。中部経済界が中日の日本一経済効果
215億円1000万円の試算に胸をふくらませているのと対照的に、球界関係者は「頑張れ阪神」
「頑張れ巨人」と必死のエールを送っているのだ。

2ちゃんねる炎上はこちら

黒田が日本復帰へ!巨人、阪神で争奪戦も (1/2ページ)

100907-4.jpg 米大リーグ、ドジャースの黒田博樹投手(35)が来季、日本球界に復帰する意思を固めていることが6日、分かった。ド軍関係者が明かした。古巣・広島に戻ることが有力視されるが、フリーエージェント(FA)になった2006年オフも獲得に動いた巨人や阪神が争奪戦を繰り広げる可能性もある。

 太平洋を渡った“サムライ”が帰国の意思を固めた。今季でドジャースとの3年契約が切れる黒田が日本球界に復帰する。

 「黒田が日本に戻りたいと言っている。おそらく、そういうことになるだろう」とドジャース関係者が明かした。

 黒田は広島時代の2006年にFA権を取得。このオフは残留したが、翌07年12月に権利を行使して、3年総額3520万ドル(当時のレートで約40億円)でド軍に移籍した。契約には今季終了後、移籍先を選択できるFAになる権利が盛り込まれており、日本に戻ることに支障はない。

 打線の援護に恵まれず、メジャー3年間の通算成績は27勝29敗と負け越している黒田だが、日米両球界で評価は高い。1年目は1安打完封を演じ、地区シリーズで白星。2年目の昨季は開幕投手を務め、今季は初めて2けた勝利を挙げた。

 「来季もプレーしてほしいと思っている」とはド軍のネド・コレッティGM(55)。球団内では約13億円の年俸を下げて残留させるべきという意見が出ている一方で、黒田の意思もあり「現状、日本球界復帰の方向は変わらない」と先の球団関係者は断言した。

 古巣である広島への愛着が強く「3年後に戻る約束を交わして渡米した」とのうわさまであるが、2けた勝利を計算できるベテラン右腕は他球団にも大きな魅力だ。

 日本球界復帰は大争奪戦のスタートを意味する。すでに水面下で数球団が調査を続けている。FA権を取得した4年前には、巨人と阪神が触手を伸ばしたといわれており、FAとなれば争奪戦に加わる可能性は高い。ともに来季は先発投手の補強が急務。阪神には高校(上宮)まで大阪で過ごした“地元選手”という側面もある。

 ド軍は現在、ナ・リーグ西地区で首位のパドレスに8ゲーム差の4位。プレーオフ進出の可能性がわずかに残っているため、黒田はサンケイスポーツの取材に「今はここで、目いっぱいやることしか考えていません。(来季のことは)全然決めていない」と話すにとどまった。

 日本球界復帰の表明はド軍のレギュラーシーズン終了後(最終戦は10月3日=日本時間4日)。同時に黒田争奪戦の火ぶたが切られる。

2ちゃんねる炎上はこちら

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

人気です
月別アーカイブ
これも人気だね
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
稼げます
マクロミルへ登録
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。